31歳、彼氏無しで、私は職場と家とを往復する毎日を過ごしていました。

当時、銀行に勤めていましたが、職場では素敵な男性はみんな彼女がいたり、結婚していたりで、私には出会いが全くなく、とても悩んでいました。

また、職場以外の友達も、同年代の素敵な男性は皆結婚していました。やはり、30代になるとなかなか出会いが無く、毎日寂しく過ごしていました。

そんなある日、仲の良い女友達に「異業種交流パーティーがあるから行ってみない?」と誘われました。

私はあまりそのような華やかなパーティーには行かないタイプで、正直気が引けましたが、「出会いのない日々を何とかさねば!」と思い勇気を出して行ってみることにしました。

パーティーに行ってみると、華やかな男性や女性がいっぱいで、場違いな気がしました。

そんな中、私と同じような地味なタイプの男性が話しかけてきてくれました。

彼はとても若く見えたので、年齢を聞いてみると25歳でした。そして、都内の大学の医学部に通っている学生でした。

若すぎて、「私なんか相手にされそうに無いなぁ」と思ってしばらく話しているうちに、連絡先を聞かれました。連絡先をお互い交換して、パーティーの最中、ずっとその彼と話していました。

家に帰ると彼からメールが来ていて、今度デートすることになりました。

私が6歳も年上なので、からかわれているのでは無いかと心配になりましたが、デートしてみることにしました。

初デートは、新宿にあるイタリアンで食事をした後、お茶をしました。

とても楽しくデートができて、それから頻繁に連絡を取り、デートするようになりました。

8回目のデートの時に彼から告白され、付き合うことになりました。今まで、まさか6歳も年下の男性と付き合うとは思っていなかったのですが、性格も価値観も合うし、一緒にいて楽しいのでお付き合いを始めました。

彼は当時医学生で、私も資格の勉強があったので、よくデート中も一緒に勉強していました。

勉強をお互い励まし合ったり、問題を出し合ったり、学生のような付き合いでした。

1年経って彼が国家試験に合格したとき、プロポーズされました。もちろん私は喜んで了承して現在に至ります。

今現在は、子どもがいて、子どもがまだ小さく手がかかるため、あまり夫婦の時間が取れないのが悩みです。

ですが、家族3人で休日にお出かけしたり、ご飯を食べたり、買い物をしたり、というような何気ない毎日が、最高に幸せです。