少し気になっている男性が居たり、「この人と付き合いたい」と思える男性が居る場合はデートに誘って少しでも相手のことを知ったり、付き合うためには距離を縮めるためのデートが必要になります。

ですが好意のある男性をデートに誘う場合、デートの誘い方がイマイチでは毎回断られてしまう結果になってしまいます。

男性がOKを出しやすいデートの誘い方と、デートに誘うベストなタイミングを知っておけば断られる確率も断然減るので好意のある男性と進展しやすい状況を作ることができます。

男性がOKを出しやすいデートの誘い方は?

好意のある男性をデートに誘う時は「今度2人でご飯でも食べに行きませんか?」といったありきたりな誘い文句では断られてしまいます。

また、こんなありきたりな誘い文句では「この子と食事に行きたいとは思わないな…」などと思われてしまい好意を持っている男性とデートに行くことが難しかったりします。

ですがこんな誘い方であれば男性もOKを出しやすいです。

一言プラスする

「最近会社の近くにできたイタリアンのお店今週食べに行きませんか?」

「○○君とゆっくり話したいから明日ごはんでも行かない?」などの“一言プラスする“デートの誘い方をすると男性もそのお誘いにOKを出しやすくなります。

ただ「今週ご飯食べに行きませんか?」「明日ご飯食べに行かない?」というお誘いの場合、男性は「今週は忙しいから断っちゃおう」「今金欠だから断っちゃおう」などと思い、すぐにそのお誘いを断ったりします。

ですがこうしたデートの誘いに一言プラスするだけで男性は「新しいお店なら行ってみたい」「俺も○○ちゃんと久しぶりにゆっくり話したいな」などとデートの誘いを前向きにとらえてくれるようになり、OKを出しやすい状況になるのです。

選択肢を与えて選ばせる

「ラーメンとお寿司どっちが好きですか?明日行きません?」

「イタリアンと和食だったら今日の気分は何?帰り行こうよ!」といった選択肢を与えて選ばせるデートの誘いにOKの出しやすい誘い方もあります。

この誘い方の場合、“断る“という選択肢がないため高確率で男性はデートの誘いにOKを出してくれます。

また、デートを指定した日に先約があったとしても「〇日だったら大丈夫かもしれない。この日はどう?」などと男性側からデートの日を指定してくれるなんてこともあります。

行きたい気持ちを伝える

好意のある男性と他愛もない話をしている時に男性の言う何気ない言葉を利用したデートの誘い方になります。

例えば「最近和食食べてないんだよね」と何気なく男性が言ったら「じゃあこの後和食食べに行きませんか?私も最近和食食べてなくて…」と、さりげなくデートに誘ったり、「友達があそこのお店美味しいって言ってたんだけどまだ行けてないんだよね」と何気なく男性が言ったら「今度行ってみない?私もそのお店気になってた」と、さりげなくデートに誘うと男性はその誘いにOKを出しやすくなります。

ただ「行きませんか?」「行ってみたい」と言ってデートに誘うのではなく、「私も最近和食食べてなくて…」「私もそのお店気になってた」などと行きたい気持ちを伝えることでデートの誘いを流されることなくその場でデートの日を決めることまでできてしまいます。

男性向けのお店に誘う

女性だけでも行けそうなお店に誘うと「女友達と行きなよ」「俺じゃなくても…」と思われてしまい「また今度ね」などとデートの誘いを断ることもせず、流されやすくなってしまいます。

ですが、油まみれの狭い役肉店や立ち飲み屋、がっつりとしたラーメン店など、女性だけではいかないようなお店であればデートの誘いにOKを出してくれます。

また、好意のある男性の行きつけのお店を聞いて「私もそのお店に行ってみたいです」とデートに誘ってみるのもいいです。

男性は女性とは違い見た目よりも味重視な方がほとんどなので、お店の外観は悪くても味はとんでもなく美味しいお店を知っている場合が多いので、男性向けのお店にデートに誘うと、そのお誘いを断るどころか「いいねー!」とノリノリでOKを出してくれます。

デートに誘うベストなタイミングは?

デートの誘い方が良かったとしても、デートを誘う“タイミング“が悪いと断られてしまうなんてこともあります。

デートに誘うタイミングを知って、好意のある男性とデートを重ねましょう。

暇そうにしている時に誘う

忙しい時期で仕事や学業に追われていたり、休日で自分の時間を楽しんでいる時にデートの誘いをすると断られやすいです。

仕事や学業に追われている時にデートに誘ってしまうと「今は忙しいからまた今度」と迷うことなくデートのお誘いを断ってきたり、休日で自分の時間を楽しんでいる時にデートに誘ってしまうと「楽しい時間を邪魔しやがって…」と男性は思い「邪魔されたから断ろう」と、デートに誘われた日が暇だったとしても楽しい時間を邪魔されたという気持ちから断ってきたりします。

なので、デートに誘うベストなタイミングとしては“暇そうにしている時“です。

仕事や学業が落ち着いている時にデートに誘うと、男性も気持ちが落ち着いているため高確率でOKを出してくれます。

休日に好意を持っている男性が何をしているのか分からない場合は「今何してますか?」などと連絡をして「何もしてない」「暇してるよ」などと言われた場合はデートに誘ってみるとその時暇という気持ちだけで「暇だし行こっかな?」とデートのお誘いを前向きに考えてくれます。

ひと段落着いたときに誘う

仕事や学校が終わりそうになったら「この後暇ですか?ご飯食べに行きません?」とデートに誘うと男性は「仕事も終わったし行くか!」とノリノリでOKしてくれます。
また、大きな仕事が終わった時や、何かが成功した時にデートに誘うとその安心感から高確率でOKを貰うことができます。

ひと段落着いていない時にデートに誘ってしまうと「見て分かんないのかな?」「この子は自分のことしか考えてない」と、男性のことをイラつかせてしまいます。
好意のある男性のことを少し観察し、ひと段落着いたときにデートに誘うことがベストなタイミングです。

朝よりも夜に誘う

朝から「今日の夜映画デートしませんか?」「仕事が終わったらご飯行きませんか?」と、好意のある男性をデートに誘ってしまうと男性は基本的にそのお誘いを断ります。

ほとんどの男性は朝その日の予定のことしか考えていません。

その日に仕事や学校の予定が詰まっている場合「今日は忙しくなりそうだからお誘いは断ろう」「今日は何かありそうだからお誘いは断ろう」などと断ることしか考えていません。

ですが夜は自宅に居て、朝に比べ翌日の仕事や学校の予定のことはほとんど考えていなく開放的な時間帯でもあります。

そのため、朝と同じデートの誘いを夜にすると男性はOKを出しやすい状況になり、デートを誘うベストなタイミングなのです。

これだけはやってはいけないデートの誘い方は?

やってはいけないデートの誘い方をしてしまうと相手に伝わっていなかったり、引かれてしまう原因にもなってしまいます。

そんなデートの誘い方をしてしまったら好意のある男性との距離は一向に縮まりません。

むしろ嫌われてしまうなんてことにもなりかねます。

デートの誘い方が遠回し過ぎる

「今週ご飯行きませんか?」といったストレートなデートのお誘いではなく、「お腹空きましたね」「あそこのお店人気みたい」といった遠回し過ぎるデートの誘い方は男性に全く伝わらず、ただの会話で終わってしまいます。

こうした遠回しのデートの誘い方に対して男性は“デートに誘われている“という感覚ではなく、“他愛もない話をしている“という感覚なので遠回し過ぎるデートの誘い方はやってはいけません。

みんなの前でデートに誘う

仕事中や学校内でみんなが居るところでデートのお誘いをしてしまうとみんなが見ているという恥ずかしさからOKだったとしても「忙しいからまた今度」などと、何かしら理由を付けて断ってきます。

もちろんみんなの前でデートに誘われて恥ずかしさを感じるだけでなく、「なんでみんなの前で誘ってくるかな…」「この子空気読めない系?」などと思い、好意を持っている男性のことを引かせてしまう行動にもなります。

誰も見ていないメールや電話でデートに誘ったり、2人だけの時にデートに誘おうなどして相手の立場も理解してあげるとあなたの好感度は上がります。

みんなの前でデートに誘うのは嫌われてしまう、引かれてしまう原因にもなるのでやってはいけません。

直接言えない場合や、面と向かってデートに誘うことが恥ずかしい場合は、タイミングを見計らってメールで好意のある男性を誘ってみると良いです。

男性がOKを出しやすいデートの誘い方とタイミングをうまく利用して好意のある男性とデートを重ねてより距離を縮めましょう。