出会いの多い趣味は何がある?

出会いを求めるのであれば、その趣味はメジャーな方が好ましいです。

気軽にできて、人口も多い趣味であれば出会えるターゲットが増えて自然と出会える可能性も増えてきます。

一例を上げると次のような趣味がオススメです。

スポーツ観戦

スポーツを見るのはもっぱらテレビでという人も、可能な限り現地での観戦をしてみましょう。

現地に行かなくても、合コンなどのトークで意気投合するパターンもありますが、断然同じ趣味の相手を見つけるなら現地観戦です。

スポーツの試合会場は一体感がありますので、感情を共有することも簡単にできます。

特に特定の選手やチームを応援していればそこでの仲間意識はすぐに芽生えさせることができますので、そこから恋愛にも繋げやすくなります。

また、現地観戦は試合の前後や、移動時間も含めて案外と待ち時間が多いものです。

その時間を利用して、色々とお話をすることも可能です。

音楽イベント

スポーツ観戦と同様に一体感があることが大きなポイントです。

イベントによっては長時間同じ場所にいることもあるので、仲を深める時間を十分にとることもできます。

音楽の趣味が合うということは感性が近いとも言えます。

話してみると音楽以外にも共通点が多くあったということも珍しくはありません。

音楽を聞いて気分が高揚している、非日常感も出会いを劇的に感じさせるには効果的です。

テニスやゴルフなどのスポーツ

スポーツを通じて一緒に汗を流すというのも仲間意識が芽生えやすいものです。

特に大人の出会いを求めるのであれば、競技人口も多いテニスやゴルフがオススメです。

初心者だと抵抗があるという人もいるでしょうが、逆に初心者の方がいろいろとアドバイスを受けたりしながら仲良くなりやすい部分もあります。

上手な人は実際にプレイをしている姿を見せることで一気に注目を集めるということもあるでしょう。

テニスやゴルフは実際にプレイする時にはペアを組むなど一緒に行動することが多いのも出会いに繋がりやすい理由です。

自然と会話のきっかけができますので、良い仲になりやすいです。

もちろんその他のスポーツも出会いはたくさんあります。

ジョギングや登山なども同じ目的を共有できるという意味では関係を深めやすくなります。

出会いに繋がる趣味を選ぶ時のポイントは?

出会いに繋がる趣味のキーワードは「一緒にできる」ということです。

同じ場所で同じ時間を過ごすことができるものや、協力する必要がある趣味が出会いに繋がりやすくなります。

同じ目的を持つことで一体感が強まるので、結果として恋に繋がりやすくなります。

またなるべく大がかりな準備が必要なものではなく、気軽にできる趣味の方が初対面でも出会いやすくなります。

例えば旅行を趣味にすると、一緒には行動できますが初めて会うにはややハードルが高くなってしまいます。

お金の心配もそれほど必要がない方が出会いの数を増やすことが出来ますのでオススメです。

時間をかけて関係を深めていきたいのであれば、グループで行動するような趣味にした方が、その中から相手を選ぶことができますので間違いは起こりにくくなります。

趣味がきっかけで出会える割合はどれ位?

趣味を通して出会いを求めにいったという意味であれば、半数近い人がそこで出会うことができています。

地域のサークル活動などでの偶然の出会いを求めるよりは、自分の持っている趣味を生かして、話が合う人を広く探す方が効率的です。

日常生活ですと、まさに運命的になことでもなければ趣味がピッタリ合う人と出会うのは簡単ではありません。

しかし趣味での出会いを募集しているマッチングアプリや、趣味コンのような出会いの場を活用していけば遥かに出会える割合は高くなります。

趣味で出会うメリットは?

趣味で出会うことには、普通の出会いにはないメリットもあります。

関係を深めるところから、長続きさせる部分まで、大きく3つのメリットを挙げてみます。

話のきっかけが掴みやすい

初対面の人と話すのがあまり得意ではないという人でも、共通の話題があれば会話もスムーズになります。

誰しも自分が好きなことに対しては饒舌になりやすいもので、会話のきっかけに困るというケースも少なくなるでしょう。

連絡やデートに誘う口実にも趣味は実に使いやすいので、いつも誘い方に悩んでいる人でも上手に恋愛を進めることができます。

同じ趣味を持っている同士であれば親近感も湧いてきますので、出会って間もなくても仲良くなることは可能です。

お互いに話しやすいが故に、自然と一緒に過ごす時間も長くなっていきますので、恋愛に発展しさせていくことは難しくはないでしょう。

感情を共有できる

趣味をしている時はとても楽しい気分になることができるでしょう。

そしてその気持ちを相手と共有できるというのはとても素晴らしいことです。

感情の共有は、お互いの距離を縮めることはもちろんのこと、付き合い始めたあとも絆を一層深めてくれることになります。

また、同じ趣味をもっていないと伝わりにくい種類の喜びもありますが、それが共有できることは満足感にも繋がりやすいです。

趣味の種類によっては喜びだけではなく、悔しさや悲しみというものもあります。

そんな全ての感情を共有することができれば、自然と趣味以外の感情も共有できるようになるでしょう。

理解を得る努力の必要がない

カップルで共通の趣味をもっていない場合、それを理解してもらうのが難しいと場合が多々あります。

自分は趣味を優先したい時でも、相手がそれを許してくれないと恋愛そのものが面倒になってきてしまいます。

その点、同じ趣味をもつ相手を選べば理解を得る努力をする必要はありません。

むしろ積極的に趣味を優先させてくれるので、恋愛と個人の趣味の両立が簡単になります。

趣味が合う、合わないは長く付き合っていると溝にもなりかねませんので、最初から趣味が合う人と出会っておく方が後々のことを考えてもメリットになります。

趣味で出会うデメリットは?

趣味で出会うことはメリットも多いですが、安易であるが故のデメリットもあります。

長い目で見た時に発生しやすいデメリットを3つ挙げます。

その趣味をやめにくくなる

趣味がきっかけで出会って、その趣味が未だにお互いを繋げている強い要因だとすると、安易にはその趣味から離れることができなくなってしまいます。

趣味をやめることで、関係そのものも崩れしまう恐れがあるために、他の趣味に気持ちが移っても「浮気」をできなくなってしまいます。

趣味はあくまでもきっかけとして、それ以外のところで関係を深めないと趣味に縛られることとなります。

趣味以外の幅が広がりにくい

カップルはお互いの趣味趣向を理解し合うことから、段々と自分自身の視野が広げていきます。

しかし趣味同じで、その世界以外を知ることがない場合には、趣味以外の分野での視野が広がりにくくなってしまいます。

価値観が同じということは恋人同士の間では良いことですが、その他の人と接する時に幅がない人間だと思われてしまいます。

もしも別れしまった後に、他の人と恋愛をすることになっても、また趣味で相手を探さないといけないことにもなってしまいます。

性格を見誤る可能性がある

趣味が合う相手ですと、それだけで嬉しくなってしまい、その他の部分をよく考えないまま恋に落ちてしまうことがあります。

そうすると実は性格に難があったりしても、気がつかずに後で苦労をすることにもなってしまいます。

あくまでも付き合う時には、「趣味が合う人には悪人はいない」と考えずに本人の性格を見極めてください。