社会人になると出会いが少ないの?

社会人になると出会いが少なくなると聞いたことはありますか。

答えはYESです。

社会人になると、学生の頃に比べて出会う機会が一段と減ります。

それは、人間関係が限られてくることが要因に挙げられると言えるでしょう。

社会人は、1日のほぼ全てを仕事に費やすので、出会いを求める時間がありません。

働いている人であれば分かると思いますが、仕事に集中してしまうと出会いまで頭が回りませんよね。

しかし、必ずしも出会いが少ないというわけではありません。

社会人でも、趣味を持っているなどアクティブに行動をする人には、出会う機会があるのです。

休日に仲間と趣味を楽しんだり、会社の集まりに行くと、思わぬ出会いが待っていることがあるでしょう。

学生の頃と異なるのは、出会える人種が違うことです。

自分とは全く別の人生を歩んでいる人と出会える可能性が高いので、出会いを求めている人は積極的に行動すると良いです。

逆に言えば、自ら積極的に動かないと出会える機会がありません。

社会人に出会いが少ないことは確かですが、行動的な人は必然的に出会う機会が増えるので、むしろ学生時代よりも出会いが増えたという人もいます。

このように一概には言えませんが、全体的な傾向としては、社会人は出会いが少ないことが言えます。

社会人で出会いがないと感じる割合は?

それでは、具体的に社会人で出会いがないと感じる割合はどのぐらいなのでしょうか。

実は、社会人女性の約7割が出会いがないと感じているのです。

約半分以上の女性が出会う機会がないと感じていることは、とても大きいですよね。

社会人になると仕事が中心の生活になるので、職種によっては恋愛をしている暇がありません。

それにより、心のゆとりもなくなります。

このようなことが原因で、出会いがないと感じる社会人が多いのです。

もう少し仕事にゆとりがあれば出会いを探すきっかけも出来るのかもしれませんが、現実はなかなか上手くいきませんよね。

残りの3割は出会いがあると感じているのですが、これは上述した通りアクティブに動いている人たちです。

やはり自分から出会う機会を見つけないと、上手く出会えないことが多いです。

良く言えば、それだけ仕事に熱中している社会人が多いことが浮かび上がります。

社会人が出会いが少ない理由は?

社会人に出会いが少ない理由はどのようなものがあるのでしょうか。

前述したものも含めて、詳しく解説します。

仕事が忙しい

なんと言っても、仕事が忙しいことが大きな理由です。

仕事を一生懸命頑張ることはもちろん大事なことですが、それだけでは日々の生活が充実しないと考えている人は大勢います。

しかし、現実は仕事と恋愛の両立が難しく、仕事重視になりがちです。

忙しいと他のことに目を向けている余裕がないので、必然的に出会いも少なくなります。

職場に異性が少ない、またはいない

職種によりますが、異性が少なかったり同性のみの職場の場合は、出会う機会も少なくなります。

同性のみの職場で働いている人は、社外に出会いを求めなければならないので、自分で動く必要があります。

しかし、自分で出会いを求めることを億劫だと感じてしまえばそれまでです。

いっそう出会う機会は少なくなってしまいます。

また、異性が少ない職場で働いている場合、同じ職場の異性は大抵恋愛対象にならないことがほとんどです。

そのため、社外に出会いを求めることになります。

人付き合いが好きな人は良いですが、苦手な人の場合は殻にこもりがちで出会いの場を逃しがちです。

積極的に動かないと出会いが見つからないのがこれらのパターンです。

決まった友達同士で遊んでいる

学生時代は様々な集団に所属していても、社会人になると会う友達が限られてくる傾向にあります。

一般的には、古くからの幼馴染や学生時代の特に仲の良い友達としか会わなくなるので、人脈を広げる機会が少なくなりますよね。

このように、決まった集団としか会わない場合も、出会う機会を少なくしています。

出会う機会を広げれば、学生時代の同級生との新たな出会いにつながる可能性もあるので、友達付き合いにも工夫が必要です。

以上、社会人に出会いが少ない理由を3点ご紹介させていただきました。

どの理由も社会人ならではの悩みですよね。

交友関係を広げることも自分の努力次第なので、積極的に動く必要があります。

社会人が出会いを掴むおすすめの方法は?

最後に、社会人が出会いを掴む方法をご紹介させていただきます。

街コン、婚活パーティーに参加する

まず始めに、街コンや婚活パーティーに参加することです。

なかでも、街コンは気軽に出会える場所としておすすめです。

恋愛目的でなくても、異性の友人を作ることが可能な場なので、出会いを求めている人はまず街コンから参加しましょう。

始めは友人からスタートしても、付き合っていくうちにカップルになることは大いにあり得ます。

また、街コンでは物足りないという人は婚活パーティーに参加することもおすすめです。

婚活パーティーの方が、結婚を見据えた出会いを求めている人が多いので、カップル成立率が高まります。

結婚を前提としたお付き合いがしたい人は、婚活パーティーに参加してみてください。

趣味を持つ

次におすすめするのは、趣味を持つことです。

趣味といってもいろいろありますが、出会いに繋がる趣味にはスポーツや音楽があります。

スポーツは、サッカーやテニスなどの異性と一緒に楽しめる競技がおすすめです。

自分は初心者でも構わないので、地域の社会人スポーツサークルに参加をしてみましょう。

運動をすることで心や身体もリフレッシュ出来ますし、異性の友人も出来るので一石二鳥です。

その中で、良い出会いもあります。

また、音楽好きであれば一緒にライブに行ける人を探したり、バンドサークルに参加することで出会いが見つかります。

好きな音楽の話で盛り上がれば、いとも簡単に仲が深まるのでおすすめです。

音楽好き同士は、共通の好きな音楽の話題で盛り上がると相手に心を開きやすいので、お付き合いに繋がる確率も高いです。

出会った相手と一緒に音楽を楽しめたら幸せですよね。

習い事をする

3つ目にご紹介するのは、習い事で出会いを見つけることです。

出会いが見つかりやすい習い事は、料理教室がダントツです。

近年、料理教室では男女混合のグループレッスンを積極的に行っています。

また、男女がペアになって料理を作る過程が多いので、話をしていくうちに仲良くなっているカップルが非常に多いです。

料理教室ですと、レッスンで会う確率も高いので、次第に顔見知りになっていきます。

最初はうまく話せなくても、次第に心を開いていき意気投合していくので、良い出会いに繋がることが多いです。

料理という共通の趣味があるので、仲良くなりやすいですよね。

また、料理教室では、料理合コンも積極的に開かれています。

料理を作ることで出会いに繋がることが多いので、ぜひ参加してみることをおすすめします。

以上、社会人が出会いを掴む方法を3点ご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

どの方法も、気軽に楽しめるもので、自分のリフレッシュだけではなく、異性との出会いが期待できます。

社内人は積極的に行動することで、学生時代とは異なる出会いに繋がります。

出会いが欲しい時は、ぜひ行動してみてください。