MENU

車を売るときにも必要な書類ってのはあるの?

車を売るというのは結構面倒なことです。車は大きな財産でもありますから、処分するときにも結構な手間がかかるようになっています。 
では、どんな書類が必要なのか? 
そのあたりについて紹介します。

 

市役所などで取得が必要なもの

まず書類に関しては、市役所で集めてもらったりするようなものがあります。
まず印鑑証明というものが必要で、印鑑証明書とは、捺印した印鑑が市区町村に登録された実印の証明のための書類です。
この証明は、3カ月以内に発行された印鑑証明書が必要となります。また、印鑑証明をするためには実印をあらかじめ作っておくことも必要となります。
(ただし、軽自動車に関しては印鑑証明書は不要です。代わりに認印は必要になります。)
また、車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合には住民票も必要となります。
これに関しては引っ越しなど言寄り住所変更をしたときには、それと同時に車検証の記載についても住所変更しておくことによって手間を減らすということも
おすすめできる手段です。
結婚で苗字が変わったりしたときには戸籍の謄本が必要になったりもします。

 

車についている書類やお店で用意しているものについて

また、車について基本的に備えられているようなものも必要です。
車検が完了したことを証明する車検証や自動車税納付証明書(軽自動車の場合には軽自動車納税証明書)といった車検をしたことを証明するものは基本的に車のなかに備えられているはずです。
ない場合には税務署や運輸局で再発行をしないといけません。
また、強制保険の加入証明書についても必要となります。こちらも自賠責保険証がなかったりしたり、期限切れの場合には
クルマを売却できませんから、なければこちらも保険に入りなおしたり、保険証の再発行の手続きが必要です。
 後は車を売るための譲渡契約書も必要ですが、そういったものはお店で基本的に用意してくれます。後はここにサインと印鑑をするだけです。

 

その他に必要な書類に関して

また、名義変更の手続きに関して販売業者に任せるようなことがあれば、委任状が必要ですし、
リサイクルについて自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するためのリサイクル券が必要となります。

 

自動車を売るとなった時には結構いろいろな書類が必要となりますので、売るときにはしっかりとどんな書類外必要なのかをチェックしてから売却をしましょう。

このページの先頭へ