MENU

車売却を行う時には合い見積もりを取る方が良いのか?

車査定を行う時は、相見積もりという手段が浮上する場合があります。それは多少の手間がある事は事実です。確かに多少は手間はありますが、できるだけ査定額を大きくしたい時には、相見積もりは行う方が良いでしょう。

 

お店が提示する金額が妥当かどうか

ところで車売却の為に、査定を受けている時には、お店が提示する金額が気になる場合があります。
例えばお店から、売却額は40万円台と伝えられたとします。それで問題は、果たして40万という数字は本当に妥当かどうかです。妥当でない可能性も、現にあるのです。
なぜならお店にも、売上数字に関する問題があります。本来ならば50万円台で売却可能なのに、その売り上げに関する理由により、40万などと伝えられるケースもたまにある訳です。
それを考慮すると、確かに金額が妥当かどうかが気になるのも当然です。

 

他のお店の数字を知る事の重要性

ところで40万が適切かどうかを知る為には、やはり他のお店に関する情報を知っておく必要はあります。それが分からなければ、40万が妥当なように見えてしまう可能性もあるのです。
例えば他のお店にて査定を受けてみた結果、次のような極端な状況になったとします。他のBとCとDというお店で査定を受けたら、それぞれ80万と100万と70万になったとします。という事は、上記の40万という数字はさすがに考えた方が良い訳です。
ただ40万という数字が妥当かどうかを把握する為にも、他のBとCとDによる情報が分かっていなければ、そもそも適切かどうかも判断できないでしょう。ですから妥当な金額で売りたいと思うなら、やはり相見積もりが必要になってくる訳です。

 

相見積もりを行う時の手間

それで多くの方々は、相見積もりは少々面倒だと感じています。確かに複数のお店で査定を受けるのは、少々面倒に感じる事もあるでしょう。複数のお店に車を持ち込むのは、それなりに大変だからです。

 

便利に相見積もりを取る事ができる一括査定

ですが最近では、非常に便利な手段もあります。インターネットによる一括査定というシステムがあり、それは一気に複数のお店に対して、査定依頼をする事が可能なのです。
しかも一括査定という手段なら、多くのお店が出張に来てくれます。原則として出張料金も無料になる上に、非常に速やかに相見積もりを行う事が可能なのです。
ですからそのサービスを利用すれば、相見積もりの手間も大きく省く事ができます。何よりも上記で触れた売却価格に関するメリットがある訳ですから、やはり相見積もりは取る方が良いでしょう。

このページの先頭へ