MENU

愛車S14シルビアを売却した

現在39歳になりましたが、23歳の夏。
当時お付き合いしていた女性と本格的に距離を縮めることになり、結婚することになりました。

 

この時、愛用していた車がS14シルビアです。
ドライブ、サーキット含め彼女との思い出がつまった車。

 

結婚するにあたり、条件としてS14シルビアを売ることに。
車を売るにあたり、いくつかのお店に査定依頼をしました。

 

私はドライブもですが、サーキット走行が一番の趣味だったので法律違反にならないレベルで一般公道でも走行できる
内容の改造をしていました。

 

当然ディ―ラーでの査定は厳しいです。
ので、中古車専門店、改造車専門店、チューニングショップ等周りました。

 

平成9年式、日産S14シルビア、走行距離88000キロならそこそこいい値段つくと思っていたのですが、
どこのショップも予想を下回る結果となりました。

 

売るだけと、下取りで出すでは査定額に若干違いがありましたね。
当然次の車も欲しいですから、下取りで出した方が個人的には楽です。

 

いくつかショップを周り、やはり高く売るには走行距離、年式、車の状態(事故歴の有無等)が非常におおきなポイントだと実感しました。
まず、完全ノーマルならディ―ラーでの下取りが一番いいだろうという、とあるショップの方に教えてもらいました。

 

私には思い出の車であり愛着持って改造もしてきたので、できればこのままの状態であけわたしたい。
と考えていました。
なかなか自分の納得いく内容が得られなかったので、少しでも高く売るために以下のことをしました。

 

  1. 改造部分をノーマルに戻す。
  2. 改造部品は別件で売る。
  3. 改造→ノーマル戻し作業は全て自分で。
  4. 車体はオークション、部品は個人売買。

 

オークションですが、今でいうとネットオークションが身近ですね。
当時はネットオークションは発展していなかったので、知り合いの車屋さん(オークションの有資格者)に
依頼しました。

 

思ったよりも値段が吊り上がったそうで、ようやく自分の納得いく内容で売却成立。
そして、改造部品ですがこちらはチューニングショップが高めの金額で買い取ってくれることになりました。

 

オークションでの額は当時で40万円、改造部品は全て合わせて16万円という結果になりました。
この金額は年式、走行距離での相場から40%以上の上回る内容でしたね。

 

お店で下取り、売却だけだと楽ですが、手がけた愛車だからこそ、改造部品→ノーマル戻し作業を
自分でこなし工賃分を浮かせて、更に部品を別で打ったことで総合的に相場より高い内容になったのだと思います。

このページの先頭へ