MENU

車を少しでも高く売るためにしておくべきこと

車を売却するきっかけ

35歳の会社員です。私はプライベートだけでなく通勤にも車を使うほどの車好きで、気に入った車はメンテナンスをしながらでも長く乗り続ける主義です。
そんな私が長年乗り続けている車がスカイラインです。
年式は2006年製の35V型で通称11代目スカイラインといわれているタイプになります。
子供の時から車が好きだった私が乗りたかった車がこのスカイラインで、社会人になって初めて自分の稼いだお金で買った車で愛着もありました。
しかし、大事に乗ってはいましたがさすがに10年近く乗り続けて走行距離も11万kmを超えたことで調子も悪くなっていき、アクセルを踏んでも回転数が思うように上がらなくなったり、時折走行中にエンストもするようになりました。
メンテナンスをすればもう少し乗れたとは思いますが、年間のメンテナンスの手間や費用といったものを考えた時にそろそろ限界かなと感じて売却に踏み切ることにしたのです。

 

車の売却に利用した方法

私が車の売却を考えた時に最初に利用しようと思ったのがカーディーラーに頼む方法です。
自分が購入した日産の販売店は長い年月の間になくなってしまっていたので別の日産の販売店に持って行き査定をお願いしました。
しかし、自分が期待しているような値段とはかなりかけ離れていて、納得できるような金額ではなかったのでその日はとりあえず保留にして持ち帰りました。
帰宅してから電話で友人にその話をした所、ディーラーよりも一括査定を行えるサイトを利用したほうが自分の納得いく金額で売れるといわれて、インターネットを使って検索しました。
実際にいくつかの一括査定サイトが見つかり、その中でもわずらわしい電話が掛かってこないでメールでの対応ができるサイトを見つけることができるカーセンサーが最も自分に合っていると感じたので登録と必要事項を記入していくつかの業者に下取りをお願いしました。
実際に見積もり行った複数の業者の中で最も高くて自分が納得できる金額が9万円でそこの業者にお願いすることにしました。

 

少しでも高く売るために行ったこと

査定を依頼してから自宅に業者の方が訪れるまでの間に少し時間があったので、少しでも高く売れるようにまずは臭い消しを行いました。
私は愛煙家で日頃から運転中にタバコを吸うことも多く,シートなどにタバコの臭いが付着してしまっていたので、少しでも臭いが取れるようにとファブリーズなどいろいろな消臭スプレーをかけましたが、これは失敗でした。
いろいろな商品を使用したため臭い混ざり合ってタバコの臭いと混ざり合って車の中にいるのが辛いと感じるほど臭くなってしまったのです。
結果的に査定には響きませんでしたが、業者さんいわくタバコの臭いなどは簡単には取れないので、下手に余計なことはしない方がいいと教えられました。
臭い消しの他に行ったのが車内清掃です。
車内の隅々までクリーナーで綺麗に清掃をして吹き掃除も行い、前日に洗車も行って綺麗な状態で査定をしてもらったところ、少しだけ最初の査定額よりも高くなって10万5千円で売れました。

 

車を売却する時に必要なこと

私が車の売却を経験していえるのは、少しでも高く売りたいと考えるのであれば努力を惜しまないことです。
いくつもの業者に見積もりを出して比較をするのは面倒だと1社の見積もりだけで決めてしまっては損をします。
業者によっては特定の車種の買取を強化している場合もあって、その買取強化の車種が自分の車であれば他の業者の買取よりも必ず高く売れます。
そういった点からも見積もりは複数の業者に依頼することが大切です。

このページの先頭へ