MENU

不具合があってもしっかりとした値段が付きます

私は現在29歳です。
19歳の時に中古で購入したダイハツの「テリオスキッド」を昨年まで乗っていました。
平成11年(1999年)式で、購入時(2006年)の走行距離は3.8万キロでした。購入金額は59万だったのを覚えています。
購入時は車に多少の傷やへこみは合ったものの、目立った不具合はなく乗ることができていました。
しかし、時がたつにつれて、夏のエアコンが効かなくなったり、冬にはパワーウインドウが動きにくくなったりと使いにくさが出てきました。
それでも新しい車を購入するお金がたまっていなかったので、我慢して使っていましたが、キーレスが壊れてしまい、交換するのに2万かかると言われたときには、さすがに維持の限界だろうと考え、車を乗り換えることにしました。
乗り換える時点(2016年)で走行距離は11.4万キロとなっていました。
私は、夜寝る前にラジオを聴くことが多く、ラジオのCMで車の一括査定サイトの「なびくる」のことをよく聞いていたのでこのサイトで車の大体の市場価格を査定してもらうことにしました。
車の情報を書いた後に、住所や電話番号などの個人情報を記入する画面に移り、少し抵抗はあったものの、以前からナビクルでの査定は計画していたことなので、ためらわずに入力していきました。
査定はすぐに終わりました。0~10万での範囲の査定だということでした。
この価格を基準に近くの知っている中古車買い取り店を回ろうと思っていたら、ネットでの査定を終えてから、1時間もたたないうちに、次々に携帯に電話がかかってきました。
査定をした時点で周りの中古車買い取り店に情報が伝わるようで、最初は驚きましたが、自分で買取店を探すよりも便利だと思いました。
ガリバーやアップルなどの有名な企業を始め、存在も知らなかった意外な場所にある中古車買取店からも連絡が来ました。
電話をかけてくださったのはとてもありがたいと思ったので、1店1店買取店を回ることにしました。
各買取店においては、査定を済ませることによって、クオーカードやギフトカードなどの特典がもらえるので、それもあてにしながら回りました。ただ、ほとんどの買取店では0円の査定でした。
私の車は不具合が多いのに加えて、車のカラーがダークグリーンというマイナーなカラーだったのでニーズが少ないとのことでした。

はじめから値段が付くとは思っていなかったのですが、その中でも値段をつけてくださった買取店もあり、大手の「ガリバー」においては7万円の査定をしてもらいました。
とにかく、あちらこちらを回ってみると、営業マンの方との会話も楽しいですし、先ほどに説明した特典も当たるので、決して無駄な時間ではないと思います。
愛車を納得する形で売却してくれるところは見つかるはずです。

このページの先頭へ