MENU

アイシスプラタナ2000ccを高く買い取りをしてもらいました

平成26年式 トヨタアイシスプラタナ2000ccパールホワイト新車購入。無事故・修復歴無し、8400km走行
オートベルで140万円で買い取りをしてもらいました。
新車購入価格は総額260万円でカーナビ・ETC・バックモニターは後付けしました。
走行距離も少なかったですが、車検が近づいたため買い取りをしてもらいましたが、まずトヨタ系列のT-UPで査定してもらい130万円程度の査定でした。1社だけではなく複数見積もりをして判断しようと思いそのままオートベルに持ち込みしました。
まず見積もりで注目してくれたところは、修復歴がなく走行距離が短いこと。人気のパールホワイトであること。カーナビを追加査定になったことでした。
ここに来る前にどこかで見積もりをしたか聞かれたので、素直にT-UPで130万円だったのでそれ以上にして下さいとお願いしました。
通常はオークションに回すのでどこでも査定価格が変わらないそうですが、たまたま査定した店舗は店舗販売もあるため通常より高く買い取りができるということでぎりぎりまで交渉しました。
140万円は厳しい値段だったみたいですが、本社に電話を掛けてくれ自社販売する話を付けてくれました。
新車購入しても3年で半額以下は仕方ないと思いますが、状態がよいこと、オプション品を評価してもらうこと、オークションではなく自社で販売できることが高く査定してもらうコツだと思います。
そののままディーラーの下取りに出すと、オークション価格でどこも同じような査定になってしまします。
また大手買取店でも買取基準が決まっておりそのままオークションに持っていかれることが多いようです。
査定するにあたって必ず、査定シートを書きます。とても細かいことですが、禁煙車やコーティング有、新車ディーラー購入、ワンオーナー、オプション品等ぎっちり用紙に記入しアピールすることが重要です。
それと自分の希望価格を高く設定しそれに近づければ、本日契約する意思を示せばできるだけ頑張ってくれました。
ある程度自分の車の査定価格や、中古販売価格を調べて希望金額を設定すること、ディーラーでオイル交換履歴や、整備記録、リコール対応済みなどしっかり記録を残しておくことも信頼を得る資料になります。
査定時間はそれほど長くはないので、しっかりした情報と準備をして何回も足を運ばずその日に買い取ってもらう気持ちのほうが良いと思います。
結局は査定は基準に基づいてどこも同じような価格を出してきますが、人と人との駆け引きなのでお互い気持ちよく話しをし、1回で交渉が済む準備をすることが高査定のコツだと思います。

後は複数の会社で査定した時は、しっかり希望価格を提示したほうがいいと思います。

このページの先頭へ